LINEの裏技

LINEトークをバックアップ保存する時に便利な3つの方法

投稿日:

LINEトークをバックアップ保存する時に便利な3つの方法

LINEを利用していると、友だちとのやりとりの中で大事なメッセージや大切な思い出など、どうしても消したくない情報が出てくるものですよね。

そんな時、やりとりの履歴の中に埋もれてしまって、後で見直したいときに探すのに一苦労することはありませんか?

ここでは、LINEトークをバックアップ保存する時に便利な3つの方法についてご紹介していきます。

 

1.LINEのトーク履歴をバックアップ保存する方法

LINEトークをバックアップ保存する時に便利な3つの方法

履歴をもっとも簡単に保存できる機能が、バックアップです。

バックアップとは、端末とは別の場所にトーク履歴を保存しておくというもの。

もし端末が壊れてしまって見れなくなってしまっても、バックアップをしておけば、後でデータを復元することができる保険のような機能です。

このバックアップ機能は、保存しておきたいトークひとつずつ設定が可能。

トーク画面の右上にある矢印のようなボタンから、メニュー画面へ入ります。

その中にある「設定」メニューをタップしましょう。

スポンサーリンク

すると、「トーク履歴をバックアップする」という項目が表示されます。

これをタップするだけで自動的にバックアップが始まり、わずか数秒で完了します。

 

2.バックアップしたデータをメールへ送信して保存する方法

LINEトークをバックアップ保存する時に便利な3つの方法

LINEのバックアップデータは、保存しただけではあまり意味がありません。

たとえば、機種変更をした際に、新しい機種でやりとりを再開した際にこのバックアップしたデータを復元することで、過去の履歴がまた見られるようになる、という使い方があります。

そしてもう一つ便利な機能が、このバックアップデータをメールへ送信できるというもの。

スタンプや写真データなどは必要ない場合、テキストデータのみを保存しておきたいときなどにとても便利です。

送信するにはバックアップの手順を行っている途中で「このデータをメールへ送信しますか?」というメッセージが出てきますので、「はい」を選び指定のアドレスへ送信しましょう。

 

3.グループトークに大事なメッセージをバックアップ保存する方法

LINEトークをバックアップ保存する時に便利な3つの方法

友だちとのやりとりの中で、待ち合わせの時間や仕事の依頼など、重要なメッセージだけを見直したい場合、すべてのやりとりの履歴をさかのぼって探すのは一苦労ですよね。

そんなときに、大事なメッセージだけを保存しておく方法としてグループトークが便利です。

これは何人かの友だちと使う機能ですが、自分一人でも使うことができます。

自分だけのグループを作ることで、自分宛にメッセージが送信できるようになり、これをメモ帳代わりに使うというもの。

友だちから大事なメッセージが届いたら、そのメッセージの吹き出しをコピーし、そのままグループトークのメッセージ送信欄へコピペします。

そして送信すると、メッセージ機能がそのままメモ帳として使うことができ、さらに文字を入力する手間も省ける、という便利な機能に早変わりするのです。

 

4.LINEトーク専用のバックアップ保存アプリもある

LINEトークをバックアップ保存する時に便利な3つの方法

その他にも、LINEのトーク履歴をバックアップできる専用のアプリなどもあるようです。

このように複数の方法を試しておくことで、間違って大切なトークを消してしまったときに復元できるようになります。

ご自分の使いやすい方法を見つけて、じょうずに活用してみてくださいね。

 

まとめ

LINEトークをバックアップ保存する時に便利な3つの方法

LINEのトークのバックアップ保存する3つの方法をご紹介しました。

スポンサーリンク

バックアップ保存の方法はそんなに難しくなかったのではないでしょうか?

特に機種変更の際には過去データの復元に役に立ちますので、ぜひ大切なトーク内容はこまめにバックアップ保存しましょう。

LINEトークをバックアップ保存する時に便利な3つの方法

LINEのコインの稼ぎ方を大公開!誰でも簡単にできる稼ぐ方法とは?



他にこんな記事も読まれています

-LINEの裏技

Copyright© LINEのすご〜い使い方【裏技やテクニック】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.