トラブル・問題解決

LINEに登録していた友達が消えた!友達が消える4つの原因

更新日:

LINEに登録していた友達が消えた!友達が消える4つの原因

LINEの友達は、一般的に一度登録してしまうと自動で削除されることはありません。

また、削除したい場合は自分で指定の手順をふまないと、削除することはできないようになっています。

なのに、なぜか友達が消えた!ということはありませんか?

では、どうしてLINEの友達から消えてしまったのでしょうか?

ここでは、LINEに登録していた友達が消える4つの原因をご紹介したいと思います。

 

1.友達が「非表示」設定になっているかも!

LINEに登録していた友達が消えた!友達が消える4つの原因

LINEの操作は非常に簡単で初心者でもすぐに慣れるような仕様になっていますが、だからこそちょっとした操作ミスで思わぬ設定変更になってしまい、しかもそれに気づかないという場合も多々あります。

友達が消えた場合に考えられる操作ミスとして、「非表示」設定になっている可能性が考えられます。

まず、マイページから「設定」画面へ移動し、現在の設定状況を確認してみましょう。

「友だち管理」というメニューがありますので、そこを開いてみてください。

スポンサーリンク

すると、「非表示リスト」という中に友達のアカウントが入っていませんか?

もし入っている場合は、登録を解除しましょう。解除方法は簡単です。

友達のアカウントを選択すると、「解除」というボタンが表示されるので、それを選択するだけ。

ワンタッチで先ほどのリストから消え、友達リストの中に復活しているはずです。

 

2.友達が「ブロック」設定になっている

LINEに登録していた友達が消えた!友達が消える4つの原因

「非表示」と同じような原因として、「ブロック」設定があります。

これも簡単な操作ミスで起こってしまうものなので、誤って登録されていないかどうか確認してみましょう。

確認方法は、先ほどの「非表示」設定の場合と全く同じです。

「非表示」リストの隣に「ブロックリスト」が表示されているので、その中に友達が入っていれば、「解除」ボタンを選択して元に戻してあげましょう。

 

3.友達本人がアカウントを削除している

LINEに登録していた友達が消えた!友達が消える4つの原因

非表示やブロックなど、操作ミスでない場合には、友達本人が何らかの理由で自分のアカウントを削除している可能性が有力です。

これはあなた自身がどうすることもできないので、LINE以外の方法で直接本人に確認してみましょう。

たとえば乗っ取り被害などに合い新しいアカウントを作成していたり、単にアカウント名を変更しているだけかもしれません。

 

4.機種変後、LINEアカウントが引き継がれていない

LINEに登録していた友達が消えた!友達が消える4つの原因

あなた自身がケータイのキャリアを変更したりした場合に、LINEのアカウントが正しく引き継がれなかったせいで、友達のアカウントが全て消えてしまう場合があります。

これは、新しいケータイへの引き継ぎ作業が正しくできていないということなので、引き継ぎ時に注意して作業を行いましょう。

すでに消えてしまった場合は、あなたの友達リストからは消えていても、相手のリストにはあなたが残っているはずなので、相手から友達申請をし直してもらいましょう。

また、その際に以前使っていたアカウントと新しいアカウントの2つが存在しているので、古いアカウントの方は削除してもらいましょう。

 

まとめ

LINEに登録していた友達が消えた!友達が消える4つの原因

LINEに登録していた友達が消える4つの原因をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

単純にブロックされたというわけではなく、友達のアカウントが機種変更やアカウント乗っ取りで使えなくなった可能性が高いです。

スポンサーリンク

LINE以外の連絡手段でLINEのアカウントについて確認して見ましょう。

LINEに登録していた友達が消えた!友達が消える4つの原因

LINEのコインの稼ぎ方を大公開!誰でも簡単にできる稼ぐ方法とは?



他にこんな記事も読まれています

-トラブル・問題解決

Copyright© LINEのすご〜い使い方【裏技やテクニック】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.